政策
住み続けたいまちへの5つのポイント
1.若者世代の希望をかなえるまちづくりを推進
・小中学校の給食費無償化
・子ども医療費助成対象の拡大
・仕事と家庭の両立可能な子育て環境の充実
・子どものための小規模な小中学校の適正配置
・いじめ、不登校など教育問題の克服
2.高齢者が「健幸」なまちづくり の推進
・健康づくりによる「健康寿命」の延伸
・通院・買い物など外出支援の拡大
・高齢者の生きがいや居場所づくり拡充
・在宅医療・介護サービスの充実
・福寿会、地域団体など活動支援の充実
3.障がい者が地域で活躍できるまちづくりの推進
・グループホームの整備
・成年後見センターの設置
・公共施設などのバリアフリーの推進
・障がい者の就労・生活支援の充実
・市行事に手話通訳者などの配置
4.だれもが安全・安心なまちづくりを推進
・使い勝手のよい「きんちゃんバス」の運行
・不足している緊急避難場所の確保
・消防団員の処遇改善による団員確保
・自主防災組織など活動支援の充実
・交通環境の整備や交通安全意識の向上

5.地域特性を活かしたまちづくり の推進
・農業や金魚養殖、商工業の地域産業の強化
・弥富駅、佐古木駅周辺の賑わいづくり
・行財政改革による財源の確保
・「三ツ又池公園」の管理・運営の見直し
・金魚、白文鳥のふれあい観光拠点の整備